弁護士特約
HOME > 弁護士特約

弁護士インタビュー

交通事故の法律相談で心がけていることはございますか。

交通事故の相談にいらっしゃる方の多くは,交通事故で怪我を負い,今後の治療,仕事,生活がどうなるか不安を抱えています。その上,これまで交通事故に遭ったことがないため,交通事故の相手方や保険会社との話し合いがどう進むのか,また,どう進めていいのか全く分からない方も少なくありません。


そのため,相談者の方の不安や疑問が解消されるよう,今後の手続の流れや損害賠償についての見通しをなるべく丁寧に説明するよう心掛けています。


また,多くの方は,弁護士に依頼した経験はないでしょうから,弁護士に依頼する場合と,ご自分で相手方や保険会社と交渉する場合とで,どのような違いがあるのか,弁護士費用がどのくらいかかるのかなどについて詳しく説明しています。

 

交通事故に遭ってしまった後の手続きについて,弁護士の先生にお願いした場合と自分で対応した場合と,どのような違いがございますか。

交通事故に遭い,怪我を負われた方としては,まずは治療に専念したいところです。
しかし,ご自分で,相手方や保険会社と直接交渉しなければならないと,多くの方は,どのように話し合いを進めてよいか分からず,なかなか治療に専念することができません。


弁護士に依頼をすれば,弁護士が依頼者の窓口となり,なるべく依頼者のご希望・ご意向に沿うように相手方や保険会社と交渉を進めますので,依頼者は安心して治療に専念することができます。
また,多くの方は,保険会社から示談の申し入れがあっても,保険会社から提示された金額が妥当なものかどうか分かりません。弁護士に依頼することにより,場合によっては訴訟を提起するなどして,適正な金額の損害賠償を受けることができます。


弁護士に依頼すると,弁護士費用がかかりますが,依頼者が弁護士費用の特約が付保された保険に契約していらっしゃる場合,300万円までは保険会社から弁護士費用が支払われますので,通常,依頼者の負担はなく,弁護士に依頼しない手はありません。


弁護士費用の特約が付保された保険に契約していらっしゃらない場合,依頼者に弁護士費用をお支払いただくことになりますが,当事務所では,ご依頼時には弁護士費用をいただかず,相手方や保険会社から損害賠償金が支払われた中から,弁護士費用をお支払いただいております。そのため,ご依頼時に,自腹を切る必要はありませんし,弁護士に依頼することによって,ご自分で交渉する場合よりも損害賠償額が上がりますので,多くの場合,弁護士費用を支払っても,ご自身が受け取ることのできる金額は多くなります。

 

こちらの事務所は,相談はご予約の上,事務所で弁護士の先生と対面での相談と伺いました。交通事故で入院をしている場合,退院を待ってからの相談ということになるでしょうか。

交通事故に遭われた方は,交通事故で怪我を負い,今後の治療,仕事,生活がどうなるかなどの不安を抱えていらっしゃいますが,治療のために入院することになった場合,法律事務所に自分から相談に行くこともできません。


当事務所では,交通事故による怪我により入院中で,法律事務所に自分から相談に行くことのできない方のため,弁護士が病院に出張して,法律相談を受けるサービスを実施しております。治療のために入院中で,法律事務所に自分から相談に行くこともできない方もお気軽にお電話ください。

 

ここで一旦話は変わりますが、休日はどのように過ごされていますか。

休日も,事務所に来て,仕事をしていることも少なくないですが,リフレッシュするために,スポーツをして体を動かすよう心掛けています。
天気が良くないときは,読書をして気分転換を図っています。

 

それでは最後になりますが,交通事故に遭い,相談を迷っている方へ,メッセージなどございましたらお願いいたします。

保険会社は,多数の交通事故を巡る紛争を取り扱っており,交通事故や損害賠償に関する法律的・専門的な知識や交渉の能力を一般の方以上に持ち合わせているのに対し,交通事故の相談にいらっしゃる方の多くは,交通事故に遭うこと自体初めてであり,法律的・専門的な知識や交渉の能力を十分に有していないのが通常です。

お気軽にお問い合わせください。(初回相談料1時間0円、着手金0円、報酬金後払いOK)
047-360-6700

※ 初回法律相談無料、1時間を超えた場合は2,000円(時間制限なし)。2回目以降は2,000円(時間制限なし。債務整理と交通事故は無料。)です。
  業務依頼になった場合には、相談料は無料です。
※ 保険会社から賠償を受けた金額からお支払いいただけます。
※ 弁護士特約が使えます。